ここから本文です

【MLB】イチロー、レーザーに称賛続々「本当に42歳?」「イチローで走ってはダメ」

Full-Count 7月30日(土)10時41分配信

「凄まじい送球」「3000安打は忘れよう。いまだに送球できる」

 マーリンズのイチロー外野手は29日(日本時間30日)の本拠地カージナルス戦で「3番・レフト」で先発。メジャー通算3000本安打が迫る中、強肩を披露し、称賛の声が続々と寄せられた。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、日米年度別成績一覧

 1-3で迎えた4回表1死三塁の場面で、G・ガルシアの左翼への飛球をキャッチしたイチローは本塁にレーザービームを発動。俊足で鳴らす三塁走者ウォンを刺し、追加点を防ぐとマーリンズ・パークは大いに沸いた。

 直後、米メディアや記者はベテラン外野手の好守をツイッターで速報。マーリンズの公式ツイッターは「いまだ健在!イチローは凄まじい送球でコルテン・ウォンを本塁で撃墜!」と賛辞を贈ると、敵地メディアのセントルイス・ディスパッチ紙のデリック・ゴールド記者も「イチローで走ってはいけない。今夜最高の送球が本塁に」と脱帽するコメントを綴った。

 MLB公式サイトのマーリンズの番記者、ジョー・フリサロ記者も「3000安打は忘れよう。イチローはいまだ送球できる。ワオ。ウォンの三塁からの挑戦を余裕で刺す」と絶賛。さらにMLBの情報解析システム「スタッツ・キャスト」は動画でファインプレーを紹介。イチローのレーザービームが時速91・6マイル(約147キロ)という衝撃のスピードを叩き出していたことに触れ、今季自身2番目の送球スピードだったことを伝えている。

 球団公式ツイッターは「この男は本当に42歳なのか?」と最後までイチローの衰え知らずの肩を称えていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月30日(土)23時21分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]