ここから本文です

優勝の中村「海外で活躍できるような選手に」<全国小学生テニス>

tennis365.net 7月30日(土)19時16分配信

第34回第一生命全国小学生テニス選手権大会

全国から集まった小学生が日本一を競う第34回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は30日、男子シングルス決勝戦が行われ、第2シードの中村 健太(千葉/習志野市立大久保東小学校)が平川 朝陽(埼玉/加須市立不動岡小学校)を6-1, 6-2のストレートで下し、優勝を飾った。試合後の表彰式のスピーチでは今大会を振り返った。

中村健太 完勝で日本一に

「この大会を開いてくれた関係者の皆様、ありがとうございました。僕はこの大会で優勝することを目標に今まで練習をしてきました」と話した中村は、今大会で1セットも落とすことなく頂点に立った。

「この優勝は自分だけのものではなく、サポートしてくれた親や毎日朝早くから練習に付き合ってくれたコーチのものだと思います」と感謝の気持ちを述べ、最後に「これからは海外で活躍できるような選手になりたいです。ありがとうございました」と今後へ意気込みを語った。

【男子シングルス決勝 結果】

中村 健太(千葉/習志野市立大久保東小学校) 6-1, 6-2 平川 朝陽(埼玉/加須市立不動岡小学校)


【男子シングルス準決勝 結果】

平川 朝陽(埼玉/加須市立不動岡小学校) 6-3, 7-6 (10-8) 松村 康太郎(東京/私立立教小学校)

中村 健太(千葉/習志野市立大久保東小学校) 6-3, 6-2 森田 皐介(埼玉/本庄市立本庄東小学校)

tennis365.net

最終更新:7月30日(土)19時16分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。