ここから本文です

ヴェンゲルの買い物はジャカと浅野だけじゃない! 「あと1人は獲得しようと考えている」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月30日(土)14時30分配信

大物は来るか

アーセン・ヴェンゲルは決して太っ腹な買い手ではないが、あと1人の新戦力をアーセナルに加えたいと望んでいる。

今夏のマーケットにおいてボルシアMGよりスイス代表MFグラニット・ジャカを、そして日本のサンフレッチェ広島からは浅野拓磨をそれぞれ獲得したアーセナル。どちらも大きな可能性を秘めた実力者だが、サポーターはよりハイクオリティな人材を求めている。かねてより有力なターゲットと目されていたゴンサロ・イグアインやジェイミー・バーディといった“ワールドクラス”のストライカーは、ヴェンゲルの誘いに乗ることはなく、ガナーズサポーターの不満は日に日に蓄積するばかりだ。28日にMLSオールスターズとプレシーズンマッチを戦った同監督は試合後、チームの強化に関して次のように語っている。クラブ公式サイトが伝えた。

「まだこのチームに多くの攻撃パターンがあるわけではないが、合流していない選手も複数人いる。サンティ・カソルラやエジル、ラムジー、そしてジルーもね。だからオプションは残されている。でもマーケットから目を離したわけではない。あと1人は獲得しようと考えている」

ジョエル・キャンベルらのゴールにより2-1で勝利したアーセナル。たびたびマーケットにおける消極的な姿勢が批判を浴びるヴェンゲル監督だが、今夏の買い物はまだ終わったわけではないようだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月30日(土)17時3分

theWORLD(ザ・ワールド)