ここから本文です

関塚監督の下で1年半プレイした千葉DFがプロA契約に「常に前を向いて成長していく」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/30(土) 15:00配信

3試合連続スタメン出場中

ジェフユナイテッド千葉は29日、DF北爪健吾がプロA契約になることを発表した。

専修大学を卒業後、2015年に千葉でプロのキャリアをスタートさせた北爪は1年目から11試合に出場を果たすと、今季も25節終了時点で11試合に出場。7月20日に開催されたモンテディオ山形戦に先発出場した北爪は同試合でプロA契約締結条件を満たし、契約の変更が行われた。

千葉で4番を背負う北爪は契約変更に際して「応援してくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに、常に前を向いて成長していきます」とコメント。「残り17試合ですが、勝利に貢献し、目標であるJ1昇格に向けて努力しますので、これからも応援よろしくお願いします」と今後の意気込みを語っている。

現在3試合連続先発出場を果たしている北爪だが、千葉は24日に開催された清水エスパルス戦後、関塚監督を解任。新監督にはトップチームのコーチを務めていた長谷部氏が就任した。プロA契約となった北爪は新監督の下でもレギュラーポジションを掴み、クラブをJ1へと導くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/30(土) 15:00

theWORLD(ザ・ワールド)