ここから本文です

G打線爆発、ヤクルトに12安打9得点大勝 大竹寛7回零封で3勝目&完封リレー

Full-Count 7月30日(土)17時8分配信

2回から5イニング連続得点で一気に突き放す

 巨人は30日の本拠地ヤクルト戦で9-0と快勝し、2連勝をマークした。打線が12安打で9点を奪うと、先発・大竹寛も7回を4安打5奪三振、無失点と好投。救援陣も点を与えず、完封リレーを見せた。大竹寛は今季3勝目となった。

 2回、先頭の阿部が二塁打を放つと、2死から脇谷の右前適時打で先制。3回には長野の7号ソロで追加点を挙げると、4回には小林誠のタイムリーで3点目。5回にも中井の押し出し四球、小林誠、長野のタイムリーで3点を加えた。6回にも村田のタイムリーなどで2点を加点。5イニング連続得点でヤクルトを一気に突き放した。

 大竹寛も初回、4回、6回と得点圏にランナーを背負うも要所を締める投球で点を与えない。8回は田原誠、9回は西村が無失点で抑えて完封でヤクルトを下した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月30日(土)17時11分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報