ここから本文です

前半戦は20試合18得点も…… ドゥドゥ加入後2試合6得点の甲府は救世主が3試合連続スタメン

theWORLD(ザ・ワールド) 7月30日(土)16時19分配信

浦和相手にゴールなるか

J1リーグ2ndステージ第6節が30日に開催され、ヴァンフォーレ甲府と浦和レッズが対戦。同試合のスターティングメンバーが発表された。

1stステージは17試合18得点で17位と低迷し、シーズン終了後にエースのクリスティアーノが退団した甲府だが、2ndステージからFWドゥドゥが加入。柏レイソルでのプレイ経験も持つ同選手は第4節の鹿島アントラーズ戦でJリーグ再デビューを果たすと、甲府はドゥドゥのゴールを含む3得点で鹿島相手に勝ち点を獲得する。また続く名古屋グランパスでもドゥドゥは2試合連続となる得点を決め、チームも2試合連続3得点で名古屋を下した。

そのドゥドゥは怪我の影響により30日の出場が危ぶまれていたが、浦和戦も加入後3試合連続となる先発出場。また甲府は新加入のマルキーニョス・パラナも2試合連続でスターティングメンバーに名を連ねたが、5試合連続先発出場中の41歳DF土屋征夫はメンバー外となっている。

対する浦和は前節の鹿島戦でシーズン初となる先発出場を果たしたFW高木俊幸が2試合連続スタメン。その鹿島戦で2ゴールのFW李忠成はスタメンに復帰した。

以下、両チームのスターティングメンバー。

ヴァンフォーレ甲府
GK:河田晃兵
DF:松橋優、新井涼平、畑尾大翔
MF:橋爪勇樹、マルキーニョス・パラナ、黒木聖仁、田中佑昌
FW:稲垣祥、河本明人、ドゥドゥ

浦和レッズ
GK:西川周作
DF:森脇良太、那須大亮、槙野智章
MF:関根貴大、柏木陽介、阿部勇樹、宇賀神友弥、高木俊幸、武藤雄樹
FW:李忠成

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月30日(土)16時19分

theWORLD(ザ・ワールド)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。