ここから本文です

モウリーニョもペップもアッレグリもエンリケも敵わず…… 英誌が選んだ世界最高の指揮官は!?

theWORLD(ザ・ワールド) 7月30日(土)19時20分配信

ミスの少ないチームを作った情熱家が1位に

現在世界最高の指揮官は誰なのか。これはサッカーファンなら誰もが議論したことのあるテーマだろう。今季はプレミアリーグにジョゼ・モウリーニョ、ジョゼップ・グアルディオラ、アントニオ・コンテ、そして昨季レスターをプレミアリーグ制覇に導いたクラウディオ・ラニエリと、世界トップレベルの名将が顔を揃えている。しかし、英『FourFourTwo』が選ぶ最高の指揮官はプレミアリーグのクラブを率いている指揮官ではない。

同メディアはベストマネージャー2016と題し、世界最高の指揮官をランキング形式で紹介。モウリーニョ、グアルディオラらを抑えて1位に選ばれたのは、誰なのか。ここではトップ10を紹介する。

10位 ジョルジュ・ジェズス(スポルティング・リスボン)

9位 ロナルド・クーマン(エヴァートン)

8位 クラウディオ・ラニエリ(レスター・シティ)

7位 ユルゲン・クロップ(リヴァプール)

6位 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス)

5位 ウナイ・エメリ(PSG)

4位 ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド)

3位 ルイス・エンリケ(バルセロナ)

2位 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)

1位 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリード)


1位に選ばれたのはアトレティコでヨーロッパリーグ優勝、リーガ・エスパニョーラ優勝、チャンピオンズリーグ準優勝2回と輝かしい成績を収めるシメオネが選ばれた。シメオネは自身の哲学について、「サッカーとはミスの多いスポーツだ。つまりミスを少なくすれば勝利に近づくことができる。攻撃的に振る舞うことが勝利に近づくわけではない」と語っており、同メディアはシメオネがミスの少ない堅い守備組織を作り上げたことを高く評価している。

また、アトレティコは毎年のように主力選手が引き抜かれているが、それでも強さを維持してきたところも評価されている。これはビッグクラブを率いるモウリーニョやグアルディオラにはない要素と言える。シメオネは将来的にアトレティコ以外のチームを指揮する考えも持っているようだが、他のチームを率いるシメオネの姿も見てみたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月30日(土)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合