ここから本文です

モウリーニョから不要の烙印押されたシュバイニーにブンデス復帰の噂が 行き先はバイエルンではなく

theWORLD(ザ・ワールド) 7月30日(土)20時2分配信

1シーズンでプレミア挑戦は終了か

元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーがブンデスリーガ復帰の可能性が浮上している。

先日、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が9選手を放出する準備に入っていると英メディアによって報じられた。その9人の中にはシュバインシュタイガーの名前も含まれている。そのため、同選手は移籍することが濃厚とみられており、行き先に注目が集まっていた。

そこで最初に手を挙げたのがシャルケだと独『Bild』は報じている。マンチェスター・ユナイテッドは場合によっては契約を解除し、フリーで移籍させる方向も模索しているという。

現在、シャルケの中盤はガイス、ゴレツカといった国内産の若手選手が重要なポジションを任されているが、ドイツ代表として100試合以上に出場してきたベテランが加われば、大きな戦力になることは間違いないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月30日(土)20時2分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。