ここから本文です

イグアイン加入で序列下がるマンジュキッチ、古巣復帰か ロンドン勢も興味示す

theWORLD(ザ・ワールド) 7月30日(土)21時30分配信

再びドイツへ?

ユヴェントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチに多くのクラブが興味を示しているようだ。

昨夏、アトレティコ・マドリードからユヴェントスへと加わり、10ゴールを挙げたマンジュキッチ。しかし、今夏チームは昨季のセリエA得点王であるゴンサロ・イグアインを獲得しており、マンジュキッチの序列は下がるとみられている。そのため、古巣のヴォルフスブルクが獲得に乗り出すと伊『Tuttosport』は伝えた。

バイエルンでスター選手となる前、同選手はヴォルフスブルクで2シーズンプレイしており、慣れ親しんだ場所だ。また、ユヴェントスとは対照的にチームには絶対的なFWが欠けており、今夏も補強ポイントに挙げられている。

マンジュキッチにはウェストハムやアーセナルといったロンドン勢も興味を示しているようだが、どのような選択を下すことになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月30日(土)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報