ここから本文です

日本のキャプテンが語るブラジル戦のポイントは「我慢強く戦うこと」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/30(土) 21:40配信

代表では中盤でプレイする遠藤

日本時間31日早朝にU-23ブラジル代表と対戦するU-23日本代表のキャプテン遠藤航が試合に向けて意気込みを語った。

オリンピックの開催地となるブラジルで22日からトレーニングに励んでいるU-23日本代表は27日にブラジルで初の練習試合を実施。その後、ゴイアニアに移動し、オリンピック前に行われる最後のテストマッチに挑む。

手倉森ジャパンでキャプテンを務めるMF遠藤航はブラジルとの一戦に向け、「我慢強く戦うことが一番大事になります」とコメント。「相手の時間帯でも我慢しながら無失点に抑えていければ、必ずチャンスは来ると思います。そういう柔軟性とか割り切りのある戦い方をアジアでしてきました。世界相手にも同じようにやっていくだけだと思います」とブラジル撃破に闘志を燃やしている。日本サッカー協会公式サイトがコメントを伝えた。

1月に開催されたAFC U-23選手権ではトロフィーを掲げた日本のキャプテン。ブラジルとの試合、そしてオリンピック本戦でも“柔軟性とか割り切りのある戦い方”で結果を残すことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/30(土) 21:40

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革