ここから本文です

アウベスの穴埋めはシャビの後継者に 「僕にとって大きなチャレンジ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月30日(土)23時24分配信

複数ポジションこなす便利屋に

これまではシャビ・エルナンデスの後継者と見られていたバルセロナMFセルジ・ロベルトは、ルイス・エンリケが指揮官に就任してからは複数のポジションをこなすユーティリティプレイヤーへと変化を遂げている。

今夏にもDFダニエウ・アウベスがユヴェントスへ移籍し、右サイドバックのポジションに穴ができている。スペイン『MARCA』によると、ロベルトも今季はサイドバックでプレイするチャンスが出てきたと意欲を見せており、アレイクス・ビダルやドウグラスとのポジション争いについて語った。

「僕たち3人のポジション争いは健全なものだよ。僕たちは初日からファーストチョイスになろうと争っている。昨年僕は中盤でプレイするチャンスがあったけど、数名の補強とアウベスが去ったことでサイドバックでプレイするチャンスが出てきたね。これは僕にとって大きなチャレンジだよ」

ロベルトは昨季もサイドバックで奮闘し、エンリケにとって複数のポジションをこなせる同選手の存在が非常に大きなものになっている。今季も中盤、右サイドバック、さらには他のポジションに回されることもあるだろうが、ロベルトはシャビの後継者から形を変えてバルサで生き残ろうとしている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月30日(土)23時24分

theWORLD(ザ・ワールド)