ここから本文です

百貨店のお仕事体験 子どもが店長や配達員に

カナロコ by 神奈川新聞 7月30日(土)8時0分配信

 横浜市西区の横浜高島屋で29日、夏休み中の子どもたちが百貨店の業務を体験するイベントが開かれた。31日までの3日間、4歳~小学6年生の350人が店長や配達員、ギフトラッピングなど計35種類の仕事に挑戦する。

 この日、午前10時の開店時には4~9歳の女の子4人がインフォメーション係として、4~10歳の男の子3人が店長として「おはようございます。いらっしゃいませ」と元気よく来店客を出迎えた。

 小学4年の児童(9)は「緊張したけど、お客さんが拍手をしてくれてうれしかった」とにっこり。仕事体験に参加した子どもたちには、「給料」として500円分の飲食券が手渡される。

 そごう横浜店(同区)でも8月13日、正面入り口での出迎えや館内巡回などを体験する女児を募集している。定員6人で、応募多数の場合は抽選。「私がデパートのインフォメーションガールになったら」をテーマに原稿用紙200字以内で作文を書き、今月31日までに8階ベビー用品カウンターで申し込む。

最終更新:7月30日(土)8時0分

カナロコ by 神奈川新聞