ここから本文です

執拗に迫るゾンビ集団が大阪の百貨店に

Lmaga.jp 7月30日(土)12時0分配信

ゾンビの生態を紹介するアトラクション型ゾンビ屋敷『ゾンビミュージアム』が、7月29日から「大丸心斎橋店」(大阪市中央区)で開催されている。

執拗に追ってくる巨漢のゾンビ

ある研究者がゾンビに対抗するワクチンを発見し、人々を救ったという功績を讃えた博物館が舞台。ゾンビの肖像画や、今にも動き出しそうな資料用ゾンビがズラリと陳列される研究室に足を踏み入れると、そこには感染してしまった従業員や観客のゾンビたちが館内を徘徊。ゾンビに見つかったが最後、ゾンビにならずにこの博物館を出ることが出来るのか・・・という、ウォークスルー型アトラクションだ。

館内を徘徊するゾンビたちは、走って逃げても追いかけてくるほど。一方で、豹柄の服を着たおばちゃんゾンビが「肉食うか?」など、フレンドリーに話しかけてくる大阪らしいエリアも登場する(でも油断は禁物)。「百貨店で涼むついでに、こちらでも恐怖で涼しくなっていただければ」と広報担当者はいうが、追ってくるゾンビから逃げ続けると、涼しくなるどころか汗をかくほど暑くなるのでご注意を・・・!

最終更新:7月30日(土)12時0分

Lmaga.jp