ここから本文です

中納良恵が海外アニメの主題歌、声優も

Lmaga.jp 7月30日(土)16時0分配信

『第87回アカデミー賞』の長編アニメ映画賞にノミネートされたほか、『2015年東京アニメアワードフェスティバル』ではグランプリを受賞、『第28回ヨーロピアン・フィルム・アワード』でも長編アニメ賞を受賞した『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』。その日本語版テーマソングをEGO-WRAPPIN'の中納良恵が担当、公式サイトで公開された。

2014年、アイルランド、ルクセンブルク、ベルギー、フランス、デンマークの5カ国の共同製作による本作。監督は、注目のアニメーション作家、トム・ムーア。アイルランド神話をベースに幼い兄弟が不思議な「うた」に導かれ、大冒険へ繰り出す物語だ。日本語吹き替え版では、息子ベン役に本上まなみ、父コナー役にリリー・フランキー、そして、母ブロナー役に声優に初挑戦した中納良恵がクレジットされている。

日本語版テーマソングのミュージックビデオでは、劇中で重要な役割を果たす歌『song of the sea』を中納自ら日本語に意訳して歌唱。アイルランドの神話的な風景や湿った空気感を描いた今作のさまざまなシーンと、深く包み込む海のような中納の歌が見事にマッチ。短い時間のなかで、映画の世界観を見事に表現したミュージックビデオとなった。トム・ムーア監督もこれを観て、「Lovely!」と喜んだという。

中納は「今回はこのような大役をいただき身の引き締まる思いとともに、尊い時間をいただき大きな感謝でいっぱいです。自分のなかにある懐かしさや誰かを思う大切な気持ちを歌うように、セルキーという海の精に投影できればと思っています」とコメント。映画は8月27日から大阪「シネ・リーブル梅田」ほかで公開。

最終更新:7月31日(日)14時43分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。