ここから本文です

バトン「予選・決勝には出場できる。カーボン片が目に入り激痛」:マクラーレン・ホンダ ドイツ金曜

オートスポーツweb 7月30日(土)15時58分配信

 2016年F1ドイツGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは8位/8位だった。

2016年第12戦ドイツGP金曜 フェルナンド・アロンソの誕生日を祝い、風船で飾られたマクラーレンMP4-31

 
■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン フリー走行1=8位/2=8位
 ピットストレートを走行中に目に何かが入った。目に何かがささっていたわけではなかったが、異物が入っており、病院で洗浄し、取り除いでもらった。異物が目をひっかいていたため、目薬を差してもらった。もうだいじょうぶだ。何が入ったのか分からないけど、カーボンダストかもしれない。前にも経験があるから。
 
 セッションはまずまずだった。マシンの感触は悪くはなかった。でも(目の)問題があって作業を切り上げなければならなかった。トップ3チームのすぐ下のポジションを確保することが土日の目標だ。 
 
(目の問題について語り)前にもあったことだけど、ブレーキのカーボン(のかけら)が目に入った。単に埃が入ったというよりも深刻な状態だった。(ホッケンハイムには)検査するシステムがなかったので、病院に行って本格的な検査をした。そこで異物が発見されて、洗い流してもらったら、よくなった。
 
 ものすごく痛かった。それで走行を中断した。でもチームが言うには、スーパーソフトでは6周分のデータが必要だけど、僕はそれだけの周回数をすでに走っていたから、問題ないということだった。
 
 目の問題以外は順調だったよ。燃料が軽かった時には最終セクターでトラフィックに遭い、いいラップを走れなかったけれど、それでも8番手だった。改善できる箇所はいつだってあるし、タイムを削る余地は常にあるものだ。明日は4番手のチームという位置を狙わなければならない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)16時5分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。