ここから本文です

リカルド「メルセデスとのギャップは、かなり小さい」:レッドブル ドイツ金曜

オートスポーツweb 7月30日(土)11時30分配信

 2016年F1ドイツGPの金曜プラクティスで、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは6位/5位だった。

2016年第12戦ドイツGP ダニエル・リカルド(レッドブル)

 
■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=6位/2=5位
 このコースを走るのは本当に楽しい。流れるようなレイアウトがすごくクールだ。最終セクターは面白いけど、タイヤには厳しいね。タイトなコーナーでは特にリヤタイヤに負担がかかるけど、最終セクターには長いコーナーがあって、そこではフロントを傷めやすい。だからマシンのバランスをうまく取るのが簡単ではないんだ。 
 
 でもFP2ではそういう問題が解決に向かってきたと思う。自分たちの、いまの状況にとても満足している。

 
 燃料をたくさん積んだ状態では、メルセデス勢にかなり近い位置にいるようだ。期待できそうだよ。 
 
 午後に行ったレースシミュレーションはとてもうまくいった。同じことを日曜に再現できたら、いい結果をつかめるチャンスはかなり大きいと思う。
 
 規則変更されるたびについていこうとしているけれど、それほど悩んだことはない。全員が同じ条件なら、実際にレースをして、試してみればいいと思う。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)12時8分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。