ここから本文です

ペレス「ミディアムがとてもよかったのは、うれしい驚き」:Fインディア ドイツ金曜

オートスポーツweb 7月30日(土)13時31分配信

 2016年F1ドイツGPの金曜プラクティスで、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは15位/7位、セルジオ・ペレスは16位/9位だった。

ドイツGP 最新フォトコーナー

 
■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ フリー走行1=15位/2=7位
 今日の作業にはかなり満足している。週末を順調にスタートできた。午前中はすべてミディアムコンパウンドで走行したが、いいタイヤに見えるね。午後に入ってからはソフトとスーパーソフトで作業をした。 
 
 ペースはいいと感じるし、特に路面が改善した2回目のセッションではマシンはかなり快適に感じた。
 
 望んでいるポジションにつけるためにはまだやるべき作業がたくさん残っているのは間違いないが、全体的にはポジティブなスタートだったし、ここからさらに向上させていくのを楽しみにしている。
 
セルジオ・ペレス フリー走行1=16位/2=9位
 ソフトとスーパーソフトと共にミディアムコンパウンドでも走行したのは、僕らだけだったんじゃないかな。3種類のタイヤそれぞれについて多くのデータを集められた。ミディアムはかなりいいパフォーマンスを見せたので、それはうれしい驚きだった。
 
 まだ金曜にすぎないが、今週末は大きなポテンシャルがあると思うし、それを最大限活用できる、いい状態だ。マシンバランスに関してはまだ改善すべき箇所はいくつかあるけれど、収集したデータを見ていけば今夜中に解決できるだろう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)17時33分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]