ここから本文です

WRCフィンランド:ミークが総合首位浮上。オジエ、今季初のコースアウト

オートスポーツweb 7月30日(土)13時35分配信

 世界ラリー選手権(WRC)第8戦フィンランドは29日、SS2~SS12が行われ、クリス・ミーク(シトロエンDS3 WRC)が総合首位に浮上した。また、セバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)はSS10でコースアウトしている。

 SS2で総合首位に浮上したミークは、午前の走行でオット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)と激しい首位争いを展開する。しかし、SS5でタナクが操るフィエスタRS WRCにサスペンショントラブルが発生。修復に時間を要して、順位を落としてしまった。

 代わって、総合2番手には地元の英雄、ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が浮上する。ラトバラはSS4でタイヤのパンクから、マシンのリヤボディワークやウイングにダメージを負いながらも、ミークと18.1秒差につけている。

 競技後、ミークは「ラリー・フィンランド初日を20秒近いリードで終えることができ、本当に驚いた」と走行を振り返った。

「タナクとラトバラはとても速かったが、彼らが問題を抱えている間にギャップを広げることができたよ。それでも楽観視はしていない。このイベントは毎年、コンマ数秒を争う激戦だからね」

「僕の目標はいつもと変わらない。可能な限りベストを尽くして、勝利することだ。だから、明日も限界までプッシュする戦略を取るつもりだよ」

 ポイントリーダーのオジエは総合3番手で挑んだSS10走行中、「つまらないミス」からヘアピンでコースアウト。そのまま道路脇の溝に落下してしまう。

 このアクシデントは、観客エリアの近くで起きたため、オジエは観客の力も借りてコースへ復帰。しかし、16分近くタイムを失ったため、総合56番手までポジションを落としている。

「ヘアピンを最短で通過しようとステアリングを切りすぎた。その結果、マシンがスライドしてコース内側の溝に落下してしまった。完全に自分のミスだよ」とオジエ。

「長いこと勝利から遠のいることもあって、少しプッシュしすぎた。ただ、観客の助けを借りることができて、最小限のロスで復帰することができたよ。ファンには見せたくないミスだったけどね」

 新井大輝(フォード・フィエスタR5)と勝田貴元(フォード・フィエスタR5)が参戦しているWRC2では、地元出身のエスペッカ・ラッピ(シュコダ・ファビアR5)が総合10番手につける快走でクラス首位。新井はクラス15番手(総合31番手)、勝田はクラス16番手(総合35番手)につけている。

 現地30日には高速コーナーとビッグジャンプが連続する名物ステージ、オウニンポウヤを含む8SSが行われる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)13時43分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]