ここから本文です

オコン「マグヌッセンと同等のタイムを出せて大満足」:ルノー ドイツ金曜

オートスポーツweb 7月30日(土)14時51分配信

 2016年F1ドイツGPの金曜プラクティスで、ルノーのケビン・マグヌッセンは18位/17位、ジョリオン・パーマーはFP2で20位、エステバン・オコンはFP1で20位だった。

ドイツGP 最新フォトコーナー

 
■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ケビン・マグヌッセン フリー走行1=18位/2=17位
 今日はたっぷり走りこむことができた。マシンに何のトラブルもなかったので心強いよ。いくつか改善を果たすべき箇所はあるけれど、一日のなかでまずまずの進歩を果たすことができた。
 
 スーパーソフトタイヤの使い方やブレーキバランスには改善の余地がある。それを含めて、明日のFP3と予選に向けて、今夜さらに作業を進めていく。
 
ジョリオン・パーマー フリー走行1=-位/2=20位
 今朝は走らずにのんびりしていたけれど、午後はやるべきことが山積みだった。たくさんの周回を走りこみ、周回数では(リオ・ハリアントとの)ベストタイだった。それでも正直言うとマシンにはまだ改善が必要だ。 
 
 でもたくさんのデータを集めることができたし、ブダペストで証明したとおり、僕らにはかなりの速さを発揮できるポテンシャルがある。
 
エステバン・オコン フリー走行1=20位/2=-位
 予定していたテスト項目をすべてこなすことができた。セッションを通して自分のパフォーマンスに満足している。ケビンと同じだけの速さがあったので、すごく心強いし、大満足だ。 
 
 パワーステアリングに小さな問題があったけれど、それほど時間はロスしなかった。すべてうまくいったと思う。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)14時53分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。