ここから本文です

スーパーGT第5戦でJAF-GT車両のBoPに変更。最低地上高、給油速度に制限

オートスポーツweb 7月30日(土)18時5分配信

 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、28日付けで8月6~7日に富士スピードウェイで開催されるスーパーGT第5戦の参加条件について発表したが、このなかでJAF-GT300車両に大きな変更が見られている。

 さまざまな車種が参戦するスーパーGTでは、各車両ごとの戦力を均衡化させるために、毎レースごとに“参加条件”が提示される。参加するエントラントは、この条件に従って性能調整(BoP)を行わなければレースに参加することはできない。

 GT500クラスのホンダNSXコンセプト-GTについては変更ないが、GT300クラスは、4車種のJAF-GT車両(マザーシャシー含む)に対して大きな変更が施されている。最低重量やエアリストリクターのテーブルに変更はないが、新たに最低地上高と燃料補給装置の給油リストリクターに変更が加えられた。

 最低地上高については、もともと厚10mm(±2mm)のスキッドブロックが装着されていたが、基準面とスキッドブロックの間のスペーサーが、これまでの5mmから10mmに増やされることになった。必然的に車高は5mmアップとなる。また、燃料補給装置については、流量リストリクター(内径27.5mm)が適用された。

 クイックなコーナリングと、ピットストップ時間の短さが武器だったJAF-GT車両にとっては速さを抑制する方向での性能調整変更となるが、SUGO戦までの速さに対し、JAF-GT陣営内からも「レースの盛り上がりを考えると速すぎる」という声が出ていた。鈴鹿テストあたりから話が出ていた調整ではあるが、導入される富士でどういった戦力差になるのか、要注目だろう。

 また、ブランパンGTシリーズのBoPを採用しているGT3車両に対しても、第2戦とは異なるBoPテーブルが適用されている。第2戦と比較して軽減となっているのは、アウディR8 LMS(BoP=5kg減)、ランボルギーニ・ウラカンGT3(BoP=5kg減)、ポルシェ911 GT3 R(BoP=15kg減)。

 一方、メルセデスベンツAMG GT3は車重が20kg軽くなっているが、リストリクターが第2戦=36.0mm x 2から、第5戦=34.5mm x 2となっている。また、最大過給圧もBMW M6 GT3、フェラーリ488 GT3は第2戦と数値が異なっている。

 第4戦SUGOではコース特性ともあいまって、JAF-GT勢が強烈な速さをみせてきたGT300。今後のシリーズの流れをうらなう上でも、大きな変更となるかもしれない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)18時14分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]