ここから本文です

ロズベルグがフリー走行を完全制覇、グロージャンはギヤボックス交換で降格へ

オートスポーツweb 7月30日(土)20時13分配信

 2016年F1第12戦ドイツGPは、7月30日にフリー走行3回目が行われた。気温24度、路面温度38、湿度59%。天候は晴れ。予選前の最終セッションでも、やはりニコ・ロズベルグが好調をアピールした。僅差で僚友のルイス・ハミルトンを上回り、見事にフリー走行すべてでトップタイムをマーク。3位、4位にはメルセデス勢と同じ1分15秒台を記録したレッドブルのダニエル・リカルド、フェラーリのキミ・ライコネンが入った。なお昨日のフリー走行2回目で、目に異物が入ったため検査を行っていたマクラーレンのジェンソン・バトンは、無事に復帰している。 

チャリティサッカーにシューマッハー長男も参戦

 序盤からスーパーソフトタイヤのマノー2台をのぞき、ロズベルグ、リカルド、ライコネン、フェルナンド・アロンソ、バトンらがミディアムタイヤでコースイン。すぐにピットへと戻り、セッションが進行していく。

 10分が経過したころに、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがソフトタイヤでトップタイムを記録すると、ソフト&スーパーソフトを履くドライバーが次々とタイムを更新。まずウイリアムズのバルテリ・ボッタスがスーパーソフトでトップタイムを塗り替えると、チームメイトのフェリペ・マッサが2番手に立つ。

 続いてソフトのセルジオ・ペレス、アロンソも上位につけるが、セバスチャン・ベッテル、ロズベルグ、ハミルトンがタイムを塗り替え、序盤はスーパーソフトのハミルトンが首位、ロズベルグ、ベッテル、ボッタス、マッサ、ソフトのフェルスタッペン、ペレス、アロンソ、ニコ・ヒュルケンベルグ、カルロス・サインツJr.というトップ10となる。

 残り40分時点で、まだライコネン、バトン、リカルドはタイム計測せず。コース上ではハースのロマン・グロージャンがターン4で単独スピンしてコースアウトを喫するも無事に復帰。しかし、ギヤボックスにトラブルを抱えたようで、スローダウンしながらピットへと戻る。結局グロージャンは走行再開を果たせず、ギヤボックス交換で5グリッド降格のペナルティを受けることになった。

 その後すぐにハミルトンが1分15秒795で自身のタイムを更新すると、スーパーソフトでライコネンが4番手、フェルスタッペンが3番手に浮上。後方ではルノーのケビン・マグヌッセン、ジョリオン・パーマーが8番手、9番手タイムを記録。バトンはソフトタイヤでタイム計測を開始するも19番手。リカルドがソフトで8番手に。そして、ロズベルグがハミルトンのタイムを0.057秒上回る1分15秒738をマーク。一方ハミルトンはターン1でわずかにアウトにはらみ、計測できず。メルセデス2台はフリー走行3回すべて同じ序列となった。

 なお最後にライコネン3位、アロンソ9位、リカルド3位と自己ベストを更新して、順位を上げることに成功。ベッテル5位、フェルスタッペン6位、ボッタス7位、マッサ8位、ヒュルケンベルグ10位で終了。中盤まで好位置につけていたルノー2台はマグヌッセン15位、パーマー16位と定位置へ。バトンはマシンの不調を訴えるなど消化不良の19位となった。

 予選は、このあと7月30日の日本時間21時(現地14時)から開始される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)20時13分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]