ここから本文です

予選Q2速報:ここでもハミルトンがトップ、マクラーレン・ホンダは全滅

オートスポーツweb 7月30日(土)21時50分配信

 F1ドイツGP予選、Q2はメルセデスのルイス・ハミルトンが、Q1に続いて僚友を退け、トップタイムを記録した。

 コンディションは気温26度、路面は42度まで上昇。メルセデス対決はQ1に続いてハミルトンが制し、ロズベルグは2番手。16台がタイムを記録したところで、メルセデス2台に続いたのはレッドブルのマックス・フェルスタッペンで、以下4番手にキミ・ライコネン、ダニエル・リカルド、セバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタス、ニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレス、フェリペ・マッサ。ここまでがトップ10に並んだ。

 ノックアウトゾーンのマクラーレン・ホンダは、15番手のジェンソン・バトンが2回目のアタックで、9番手まで挽回したものの最終結果は12位。フェルナンド・アロンソは14位で、ともにQ3進出は果たせなかった。

 13位で脱落したトロロッソのカルロス・サインツJr.は、マッサの進路を妨害したとして審議対象となっている。

<予選Q2暫定結果>

1位 ルイス・ハミルトン
2位 ニコ・ロズベルグ
3位 マックス・フェルスタッペン
4位 キミ・ライコネン
5位 バルテリ・ボッタス
6位 セルジオ・ペレス
7位 ダニエル・リカルド
8位 ニコ・ヒュルケンベルグ
9位 セバスチャン・ベッテル
10位 フェリペ・マッサ

<脱落>

11位 エステバン・グティエレス
12位 ジェンソン・バトン
13位 カルロス・サインツJr.
14位 フェルナンド・アロンソ
15位 ロマン・グロージャン
16位 ジョリオン・パーマー

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)21時50分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]