ここから本文です

予選速報:ロズベルグがトラブルを乗り越えて、逆転ポールポジション!

オートスポーツweb 7月30日(土)22時8分配信

 F1ドイツGP予選、Q3はニコ・ロズベルグがトラブルを乗り越え、母国グランプリでポールポジションを獲得した。

 まずはフェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分15秒619。これを僚友キミ・ライコネンが上回り、メルセデスのルイス・ハミルトンが2台を抜いて、首位に立つ。ニコ・ロズベルグは電気系にトラブルが起きたため、最初のアタックを中断することに。

 その後、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが2位に飛び込んだが、ダニエル・リカルドがチームメイトを逆転して2番手を奪う。暫定順位はハミルトン、リカルド、フェルスタッペン、ライコネン、ベッテル、セルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグ。

 ロズベルグは再びコースへ出て、1分14秒363でハミルトンを逆転。ハミルトンもアタックに出たが0.107秒届かず、2位に終わった。

<予選暫定結果>

1位 ニコ・ロズベルグ
2位 ルイス・ハミルトン
3位 ダニエル・リカルド
4位 マックス・フェルスタッペン
5位 キミ・ライコネン
6位 セバスチャン・ベッテル
7位 ニコ・ヒュルケンベルグ
8位 バルテリ・ボッタス
9位 セルジオ・ペレス
10位 フェリペ・マッサ
11位 エステバン・グティエレス
12位 ジェンソン・バトン
13位 カルロス・サインツJr.
14位 フェルナンド・アロンソ
15位 ロマン・グロージャン
16位 ジョリオン・パーマー
17位 ケビン・マグヌッセン
18位 パスカル・ウェーレイン
19位 ダニール・クビアト
20位 リオ・ハリアント
21位 フェリペ・ナッセ
22位 マーカス・エリクソン


[オートスポーツweb ]

最終更新:7月30日(土)22時8分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。