ここから本文です

ベネディクト・カンバーバッチ主演『シャーロック』、シーズン4で終了の可能性も

クランクイン! 7月30日(土)13時0分配信

 ベネディクト・カンバーバッチ主演の人気海外ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シリーズが、第4シーズンで終わってしまう可能性があることがわかった。海外メディアE!Newsが報じている。

【関連】『SHERLOCK/シャーロック』フォトギャラリー


 本シリーズの共同クリエイターで、脚本・製作総指揮を務めてきたスティーヴン・モファットは、The Telegraphに対して、「どれだけシリーズを継続できるのか、私には分からない。個人的には続けたいと思っているが、私が決めることではないんだ」とコメント。続けて、「この番組を作るのが、これで最後になってしまったら、私は少しばかり驚くだろう。でも、それは完全にあり得ることなんだよ」と話している。

 この不透明な見通しの背景には、シリーズで主演を務めてきたカンバーバッチが、マーベルコミックスの実写化作品『ドクター・ストレンジ』に出演すること、そして本シリーズでシャーロックの相棒=ワトソンを演じてきたマーティン・フリーマンが、同じくマーベル作品に出演した事実があるようだ。

 それでも、終了が決定したわけではない。モファットは、「永遠に続くかもしれないし、休んでまた戻ってくるかもしれない」と付け加えている。カンバーバッチは、今年の春から現在まで、ホームズの新たな冒険を撮影中。新シーズンでは3つのエピソードが放送される予定で、今のところ初回放送の日時は明らかになっていない。

最終更新:7月30日(土)13時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。