ここから本文です

『弱虫ペダル』スピンオフ、「それいけアラキタくん」の上映も決定!

クランクイン! 7/30(土) 15:00配信

 TVアニメ第3期シリーズが2017年1月から放送される『弱虫ペダル』のスピンオフシリーズで、9月9日から映画館での特別上映が決定している『弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)』。本作のおまけパートとして、『弱虫ペダル スペアバイク それいけアラキタくん』がアニメ化され、上映されることが決定した。

【関連】『弱虫ペダル』フォトギャラリー


 『弱虫ペダル』は、「週刊少年チャンピオン」で連載中の渡辺航による青春スポーツ漫画。自転車ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描いた作品で、これまでにTVアニメシリーズ第2期までが放送されている。

 特別上映が決まっている『弱虫ペダル SPARE BIKE』は、原作者・渡辺航自らが手がける人気シリーズで、原作連載開始当時3年生だったキャラクターたちの過去が描かれる。アニメ映像化は今回が初めてとなり、作中の2大クライマー(登板に強い選手)である総北高校の巻島裕介の高校入学時と、東堂尽八の中学二年生当時の物語が綴られる。

 また、今回おまけパートとして上映されることが発表された「それいけアラキタくん」は、「月刊少年チャンピオン」で不定期連載中の、箱根学園のエースアシストである荒北靖友のヤンキー時代の日常を描くシリーズ。「SPARE BIKE」とはひと味違い、よりコミカルな作風で人気を博している。

 荒北役は吉野裕行が担当。荒北といえば、本編では“野獣”と称されるほど荒々しい走りとキャラクターで個性を発揮しているが、本作ではどのような顔を見せるのか、そして吉野がどのように演じるのか、早くも注目が集まっている。

 『弱虫ペダル SPARE BIKE』は9月9日より2週間限定特別上映。

最終更新:7/30(土) 15:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]