ここから本文です

土屋太鳳、過去のアルバイト経験を告白「すごくいい経験になった」

クランクイン! 7月30日(土)12時0分配信

 映画『トリガール』(2017年公開)で主演を務める女優の土屋太鳳が27日、自身のブログを更新し、本作で大学生役の土屋は、「年齢的にはリアルな大学生」であるものの、その生活は遠い存在かもしれないと吐露。しかし、過去のアルバイト経験が演技に役立っていること明かした。

【関連】「土屋太鳳」フォトギャラリー


 映画『トリガール』は、理系大学に入学したヒロインが、一目惚れした先輩に誘われるまま入部した人力飛行サークルで、年に一度の鳥人間コンテストに青春をかける物語。中村航原作で、イケメン王子の先輩とヤンキーかぶれの先輩との三角関係もドラマの見どころだ。

 今回、大学生役ということもあり、「私も一応、短いですけど」と前置きをしつつも、過去のアルバイト経験について「たとえば『お釣りを渡す』行動ひとつとっても、同じ動作や表情の人は絶対にいないのでものすごくいい経験になりました」と告白。

 また、土屋は「飛べないはずの『人という動物』が飛ぼうとすることがどんなことなのかか考えると、『飛ぶ』ということへの畏怖や敬意や難しさはちゃんと心に刻んでいきたいと思います」と作品に対して思いをつづった。

 ファンからは「たおさんの心を持ってすればどんな職種でもかなりのレベルでこなせると思いますよ」「えっ、バイトの経験あるんですか?」「バイトしてるたおちゃん想像しただけでなんか癒やされますね」など、アルバイト経験に対する反応も寄せられた。

最終更新:7月30日(土)12時0分

クランクイン!