ここから本文です

3番イチロー、守備で魅せるも4打数無安打 3000安打へ残り2本は変わらず

ベースボールキング 7月30日(土)11時15分配信

● マーリンズ 6 - 11 カージナルス ○
<現地時間7月29日 マーリンズ・パーク>

 メジャー3000安打へ残り2本としているマーリンズのイチローが29日(日本時間30日)、本拠地でのカージナルス戦に「3番・左翼」で先発出場。大台到達への期待がかかったが、この試合は4打数無安打。チームも2ケタ失点で敗れた。

 前日は代打で二塁打を放ち、節目の3000安打へ残り2本としていたイチロー。この試合、マーリンズのマッティングリー監督は主力外野手のイエリッチを休ませ、彼の指定席である「3番・左翼」にそのままイチローを配した。

 カージナルスの先発は右腕のリーク。初回、一死一塁の場面で第1打席に入ったイチローはフルカウントからのカットボールに手を出したが、これは三塁へのハーフライナー。さらにスタートを切っていた一塁走者が帰塁できず、結果的に併殺となった。

 それでも1-3の4回表に守備で魅せた。一死三塁の場面で飛球をキャッチすると、そのまま本塁へ矢のようなダイレクト送球。タッチアップを狙った三塁生還を見事に刺し、自慢の“レーザービーム”で本拠地ファンを沸かせた。

 その裏、一死走者なしの状況で第2打席に入ったが、ここでもリークの動くボールを打ち損じ捕ゴロ。5回の第3打席は3ボール2ストライクと粘ったが、ここでもリークの変化球に翻弄され遊ゴロに倒れた。

 6-11で迎えた8回の第4打席は一死二塁の好機で登場したが、相手の中継ぎ左腕・キーケファーの前に3球三振。この試合は4打数無安打で打率は.328となった。

 マーリンズは先発のウレナが崩れ5回途中8失点で3敗目(1勝1セーブ)。打線は8点を追う5回に5点を返したが、その後も救援陣が失点を重ねた。

BASEBALL KING

最終更新:8月3日(水)11時31分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。