ここから本文です

DeNA・筒香が今月15本塁打! 月間本塁打のプロ野球記録更新に期待!

ベースボールキング 7/30(土) 9:30配信

 DeNAの筒香嘉智が29日の広島戦で、初回に先制となる30号3ラン、4回にも31号3ランを放ち、日本新記録となる今月6度目のマルチ本塁打を達成した。この2本塁打で、試合前まで本塁打王争いのリーグトップを走っていた山田哲人(ヤクルト)を抜いて単独トップに浮上。さらには、13年4月にブランコが記録した14本を上回る月間15本塁打とし、球団の月間最多本塁打記録を更新。

 そして、注目は残り2試合で、13年8月にバレンティン(ヤクルト)が記録した18本のプロ野球月間最多記録に肩を並ぶことができるかどうかだ。今月6本のマルチ本塁打を記録するなど、好調を維持しており、かなり期待はもてる。

 30日と31日に予想される先発投手との対戦成績を見ると、30日の試合で予告先発となっている黒田博樹に対して筒香は、本塁打は記録できていないが、6打数3安打と相性が良い。通算でも打率.412(17打数7安打)と打ち込んでいる。本塁打を放ったことがないのは気がかりだが、相性が良く、嫌なイメージを持たずに打席に挑めるはずだ。

 31日はルーキー・岡田明丈の先発が見込まれる。岡田が先発するとなれば、筒香にとっては好都合といえそうだ。筒香は今季、ルーキーの岡田に対して、6打数4安打、2本塁打を記録する。いずれも横浜スタジアムでの一発だが、5月28日の対戦で変化球を右中間スタンドに叩き込めば、7月2日はスライダーを弾丸ライナーで放り込む完璧な当たりだった。

 筒香はマツダスタジアムで、29日の2発を含めて、今季はここまで3本のアーチを描いている。打撃絶好調の筒香は、今月残り2試合でバレンティンが持つプロ野球新記録となる月間18本塁打の記録に並ぶことができるだろうか。

【筒香嘉智の今月の成績】
22試 率.436 本15 点29

BASEBALL KING

最終更新:7/30(土) 9:30

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。