ここから本文です

前田健太、7回途中2失点も10勝目ならず ドジャースは乱戦制し首位へ1差接近!

ベースボールキング 7月30日(土)14時40分配信

○ ドジャース 9 - 7 ダイヤモンドバックス ●
<現地時間7月29日 ドジャー・スタジアム>

 ドジャースの前田健太が29日(日本時間30日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦に先発。10勝を目指し7回途中2失点と好投したが、救援陣がリードを守れず2ケタ到達は次戦以降へ持ち越しとなった。チームは終盤以降にもつれた乱戦を制し、同地区首位のジャイアンツに1ゲーム差に迫った。

 前田は初回、野手の好守にも助けられ無失点。2回はカーブを効果的に使いながら3者凡退に打ち取り、10勝目へ向け上々の滑り出しを見せた。

 すると2回裏、8番ペダーソンが左翼への2点二塁打を放ち先制。さらに4回にも7番トールスが適時二塁打を放ち、3-0とリードを広げた。

 3回も3者凡退に抑えた前田は、4回に初めて得点圏に走者を背負ったが、5番カスティーヨを空振り三振。3点差となった5回以降も2イニング連続で3者凡退に抑え、10勝目は固いかと思われた。

 しかし7回、先頭の3番ゴールドシュミットに中前打を許すと、一死後、カスティーヨに適時二塁打を浴び1点を返される。なおも一死二塁の場面で、ドジャースベンチは2番手・リベレーターにスイッチ。だが、この継投策が裏目に出た。

 リベレーターは代打・ドルリーに四球を与え降板すると、3番手のブラントンも7番トマスに左前打を許し一死満塁。さらに、8番オーウィングスに適時打を許し1点差に迫られると、続く代打・ウィークスには押し出し四球を与え、この時点で前田の10勝目は消滅した。

 負の連鎖は止まらず、同点の二死満塁で登板した4番手・アビランも不運な適時内野安打を許し逆転。さらに、この回だけで5投手目となったバイエズが走者一掃の3点二塁打を浴び、この回だけで7失点。一気に4点ビハインドを背負った。

 しかしその裏、ドジャース打線は8番ペダーソン、1番アットリーがそれぞれ2ランを放ち瞬く間に同点。さらに二死一、三塁から6番グランダルが中前適時打を放ち、8-7と再び1点リードを奪った。

 ドジャースはその後、8回裏から抑えのジャンセンを投入。守護神は2点リードの9回も無失点で凌ぎ、31セーブ目(3勝2敗)を挙げた。

 前田は結局、6回1/3を投げ、4安打5奪三振2失点の内容で防御率は3.23。救援陣の大乱調で10勝目こそ逃したが、先発としての役割はしっかりと果たし、首位ジャイアンツへ1差と迫る勝利に貢献した。

BASEBALL KING

最終更新:7月30日(土)15時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]