ここから本文です

ラニエリ監督、カンテ退団も現戦力に自信「カンビアッソの時と同じ」

SOCCER KING 7月30日(土)12時11分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が、フランス代表MFエンゴロ・カンテの去ったチーム状況についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』などが29日に報じている。

 2015-16シーズンのプレミアリーグで37試合に出場したカンテ。レスター史上初のリーグ制覇に大きく貢献した同選手だが、今夏の移籍市場で同クラブを退団し、チェルシーへ加入した。リーグ王者は、選手が選ぶクラブ年間最優秀選手(MVP)も受賞するなど、大きな存在感を放ったカンテを失うこととなった。

 それでもラニエリ監督は、「昨シーズンのカンビアッソの時と同じであると思っている。彼の役割を補填することは難しいと思われていたが、我々は取り換えることができた。今回も同じだ」とコメント。昨夏に、2014-15シーズンのリーグ戦31試合に出場していた元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソが退団した時の状況と同じであるとし、カンテの穴を埋めることに自信を持った。

 さらに、「僕らはとても良いメンバーが揃っていると思う。それに、もし強く望めば、会長は(新しい選手を)買う準備はできているだろうしね」とクラブへの残留を決断したメンバーや、会長を務めるタイ人実業家のヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏に信頼を寄せた。

 最後に指揮官は、「挑戦し、昨シーズンよりも改善していくことは難しいと分かっている。でも僕らは野望を持っている」と来季の奮闘を誓った。

SOCCER KING

最終更新:7月30日(土)12時11分

SOCCER KING