ここから本文です

退団が確実視されるFWバロテッリ、移籍先候補はナポリとアヤックスか

SOCCER KING 7月30日(土)17時13分配信

 ナポリが、リヴァプールに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得に動いているようだ。29日付けのイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 取り沙汰されていたベジクタシュへの移籍を断り、現状はリヴァプールでトレーニングに参加しているバロテッリ。しかし退団が既定路線であることに変わりはなく、新たな所属先を探しているのが現状だ。

 同紙によれば、ナポリがバロテッリにオファーを出した模様だ。同クラブは、先日アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがユヴェントスへ移籍したため、ストライカーの補強を考えている。ただし日本代表DF長友佑都が所属するインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの獲得が最優先で、これが失敗に終わった場合にバロテッリの移籍が実現する見込みだ。

 また、アヤックスもバロテッリに感心を寄せているクラブの1つだ。同クラブも前線の補強を考えており、オファーを提示したと見られる。同クラブは、昨シーズンのエールディヴィジで21ゴールを挙げたポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの移籍が噂されていた。

 バロテッリは昨シーズン、1年間のレンタル移籍で日本代表MF本田圭佑が所属するミランに加入したが、わずか3ゴールを記録するにとどまっていた。同選手はミランへの残留を望んでいたが、クラブ側にその意志はなく、リヴァプールに戻っている。

SOCCER KING

最終更新:7月30日(土)17時22分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]