ここから本文です

浦和が2発快勝、リーグ8戦負けなし…李のボレー弾などで甲府を下す

SOCCER KING 7月30日(土)19時54分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節が30日に行われ、ヴァンフォーレ甲府と浦和レッズが対戦した。

 前節、敵地での名古屋グランパス戦に勝利し、年間順位を降格圏外の15位まで浮上させた甲府。連勝を狙う今節は、2試合連続得点中のFWドゥドゥが先発に名を連ねたほか、MF田中佑昌やMFマルキーニョス・パラナらもスタメン起用された。

 対する浦和は、セカンドステージで4勝1分けと良いスタートをきった。甲府戦には前節2ゴールの活躍を見せたFW李忠成が先発復帰を果たし、鹿島アントラーズ戦を出場停止で欠場した宇賀神友弥もスタメンに戻ってきた。

 試合開始から14分、浦和が先制に成功する。左サイドを突破した宇賀神がクロスを供給。これにエリア内でフリーになった武藤雄樹が頭で合わせ、ネットを揺らした。

 その後もボールを試合する浦和は40分、クロスボールのこぼれ球を武藤が拾い、そのまま右足でゴールを狙うが、これは枠をとらえることができなかった。

 続く45分、ディフェンスラインの裏へ抜け出した高木俊幸が宇賀神のスルーパスを受けて中央へクロス。これに李が左足のボレーシュートで合わせ、ゴールへ突き刺した。浦和がリードを広げてハーフタイムを迎える。

 前半ほとんどチャンスを作れなかった甲府は、後半開始とともに2名を投入。福田健介と保坂一成がピッチへ入った。

 それでも、後半最初にチャンスを作ったのは浦和だった。49分、李とのパス交換でエリア内に進入した武藤が左足でシュート。しかしこれはGK河田晃兵がファインセーブを見せ、ゴールを死守した。

 ペースを掴めない甲府は58分、早くも3枚目の交代カードをきり、森晃太を投入した。

 すると72分、甲府はドゥドゥがピッチ中央で倒されFKを獲得し、橋爪勇樹が直接ゴールを狙った。しかしこのシュートはクロスバーの上へ外れる。

 84分には福田の左サイドからのクロスを稲垣祥が頭で折り返すと、最後は田中が右足でボレーシュート。しかしこれはわずかにポスト左へ外れ、得点には至らなかった。

 結局試合はこのままタイムアップ。アウェーの浦和が甲府を2ー0で下し、勝ち点3を積み上げた。また、リーグ戦での負けなしを8試合に伸ばしている。

 次節、甲府は敵地で川崎フロンターレと、浦和はホームで湘南ベルマーレと8月6日に対戦する。

【スコア】
ヴァンフォーレ甲府 0ー2 浦和レッズ

【得点者】
0-1 14分 武藤雄樹(浦和)
0-2 45分 李忠成(浦和)

SOCCER KING

最終更新:7月30日(土)20時6分

SOCCER KING