ここから本文です

チェルシーのルカク買い戻しが近づく…エヴァートンがオファー受諾か

SOCCER KING 7月30日(土)18時5分配信

 エヴァートンが、ベルギー代表FWロメル・ルカクに対するチェルシーからのオファーを受け入れたようだ。29日付けのイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 ルカクに関しては予てからビッグクラブへの移籍が噂されてきたが、一方で残留報道が出るなど、ここのところ去就が話題になっている。古巣・チェルシーは同選手獲得のため、移籍金として5700万ポンド(約77億円)のオファーを出したようだ。

 同紙によれば、これまでチェルシーからのオファーを却下していたエヴァートンが、ついにこれを受諾したようだ。ルカクの移籍金はクラブ記録の7500万ポンド(約101億円)に設定されていたが、ルカクのチェルシー復帰への気持ちが強いことから、提示を受け入れたようだ。

 今夏からチェルシーの指揮を執るアントニオ・コンテ監督は、すでにマルセイユからベルギー代表FWミヒー・バチュアイをチームに加えているほか、既存戦力であるスペイン代表FWジエゴ・コスタの残留にも自信を示している模様だ。さらにルカクの獲得が実現すれば、攻撃陣に強力なメンバーを揃えることになる。

SOCCER KING

最終更新:7月30日(土)21時41分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。