ここから本文です

小林悠が6戦連発…川崎、湘南との“神奈川ダービー”制して首位キープ

SOCCER KING 7月30日(土)20時59分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節が30日に行われ、湘南ベルマーレと川崎フロンターレが対戦した。

 湘南がホームに川崎を迎えての“神奈川ダービー”。年間順位で16位と降格圏に沈む湘南はなんとか勝ち点3を獲得したいところ。対する川崎は年間順位でトップに立ち、セカンドステージでも前節終了時点で首位に浮上。14試合負けなしと好調を維持している。

 最初にチャンスを作ったのはアウェーの川崎。13分、エリア内で浮き球のパスを受けた小林悠が後方に落とすと、中村憲剛が右足インサイドで狙う。しかしこのシュートは左ポストを直撃した。さらに直後の16分、エリア手前右の好位置でFKを獲得すると橋本晃司が右足で直接狙ったが、今度はクロスバーに阻まれた。

 湘南は30分、左からのCKに菊池大介が頭で合わせたが、シュートはGKに阻まれた。すると32分に川崎が試合を動かす。敵陣中央でボールを持った中村が左サイドへ展開。このパスを受けた車屋紳太郎が個人技でDFを抜き去りエリア内に侵入すると、最後は左足でゴール右隅に流し込んだ。

 前半はこのまま川崎の1点リードで折り返す。

 後半立ち上がりの48分、川崎はハーフウェイライン付近の中村が左サイドを駆け上がった車屋にスルーパスを通すと、ドリブルでDFをかわした車屋はグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前に走り込んだ大久保嘉人が押し込んでリードが2点に広がった。

 勢いに乗る川崎は60分、右からのCKをエリア内中央の小林がヘディングで叩き込み、3点目をマーク。小林にとってはこれが6試合連続のゴールとなった。だが、直後の63分、湘南はエリア内左でパスを受けた大竹洋平が反転から左足でシュートを放つと、GKの手を弾いたボールがゴールへ転がり込み、スコアは3-1となった。

 77分、湘南は左サイドでFKを得ると、大竹のクロスにファーサイドのウェズレイが頭で合わせる。だが、シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。だが終了間際の90分、再び左サイドでFKを獲得すると、エリア内右のアンドレ・バイアが放ったヘディングシュートがゴール左に決まり、湘南が1点差に詰め寄る。

 同点を目指す湘南は6分間のアディショナルタイムも攻撃を続けたがあと一歩及ばず、試合は3-2で終了。ダービーを制した川崎が首位をキープした。

 次節、湘南は8月6日に敵地で浦和レッズと、川崎は同日にホームでヴァンフォーレ甲府と対戦する。

【スコア】
湘南ベルマーレ 2-3 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 32分 車屋紳太郎(川崎)
0-2 48分 大久保嘉人(川崎)
0-3 60分 小林悠(川崎)
1-3 63分 大竹洋平(湘南)
2-3 90分 アンドレ・バイア(湘南)

SOCCER KING

最終更新:7月30日(土)21時0分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]