ここから本文です

山ノ井だけじゃない…指揮官絶賛、GK田原智司が静岡学園を8強に導く

SOCCER KING 7月30日(土)20時20分配信

 静岡学園高校(静岡)GK山ノ井拓己は第93回全国高等学校サッカー選手権大会で全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会(インターハイ)王者の東福岡高校(福岡)を完封。一躍その名を上げた1年生守護神は今年、日本高校選抜候補に選出され、Jクラブからの熱い視線も集めている。抜群の勝負強さを持つ山ノ井は間違いなく、今大会屈指の守護神と言える存在だ。

 だが、静岡学園がGKをローテーション起用しているため、山ノ井は3試合でまだ1試合しかゴールを守っていない。インターハイ3回戦で先発したのはガンバ大阪ジュニアユース出身の田原智司。知名度は山ノ井に劣るが、入学当初からこちらも注目されてきたGKで、足下の技術と守備範囲の広さ、そしてコーチングはずば抜けた武器となっている。

 5-0で快勝した初戦に続く先発となった田原は終始安定したプレーを披露。声で相手の狙いを守備陣たちと共有し、ディフェンスラインの背後をカバーし、試合終盤には一対一をストップして完封勝利を果たした。川口修監督が「ほぼ完璧。落ち着いている」と評していたように、「もう一人」の実力派守護神も今、チームの躍進を支えている。

 入学当初の1年生ゲームでは、むしろ田原が先に出場していたほどだが、「アイツの勝負強さは凄かった」。立場は入れ替わり、山ノ井がAチームの先発として県、全国大会で活躍する姿を悔しい思いで見るしかなかった。だが、強大なライバル相手にアピールを続けてようやく「半分ずつまで来れた」

 山ノ井も「ライバル」と認める田原の存在。方や立場に慢心せず、諦めずに2人で切磋琢磨しながら努力を続けてきた成果が、今回の8強入りにつながっている。田原は「ライバルはいた方がいい。自分しかいなくて、自分が出ていたら鼻も伸びていたと思う。両方にとって良かった」。互いが互いの良さを認め合う2人。その良さを合わせて優勝することが目標だ。昌平高校と戦う準々決勝は山ノ井の先発が濃厚で、田原の次の出番は準決勝になりそう。

「今大会は無失点で恩返ししたいですね」と笑う「もう一人」の実力派GKは、ライバルに準々決勝の勝利を託した。

文=吉田太郎

SOCCER KING

最終更新:7月30日(土)20時29分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]