ここから本文です

川崎が15戦負けなしで首位堅守、快勝の浦和も追走…好調の鳥栖が3位に/J1・2nd第6節

SOCCER KING 7月30日(土)23時26分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第6節が30日に各地で行われた。

 年間順位、セカンドステージでともに首位を走る川崎フロンターレは敵地で湘南ベルマーレと対戦。前半のうちに車屋紳太郎のゴールで先制すると、後半立ち上がりに大久保嘉人が追加点を奪う。60分には小林悠がクラブ新記録となる6試合連続ゴールを決めてリードが3点に広がった。ここから湘南に反撃を受けて1点差まで詰め寄られたが、なんとか逃げ切り3-2で勝利。これで15戦負けなしとし、首位をキープしている。

 川崎と勝ち点で並ぶ2位浦和レッズは敵地でヴァンフォーレ甲府と対戦。武藤雄樹と李忠成が前半のうちにゴールを挙げると、この2点を守り切って2-0で勝利を収めた。

 敵地でサガン鳥栖と対戦したファーストステージ王者の鹿島アントラーズは、20分に先制ゴールを許すと、攻撃陣が不発に終わりこのままタイムアップ。手痛い連敗となった。一方の鳥栖はセカンドステージ無敗をキープし、3位に浮上している。

 そのほかの結果は以下のとおり。

■J1 2nd第6節結果
▼ヴァンフォーレ甲府 0-2 浦和レッズ
得点
0-1 14分 武藤雄樹(浦和)
0-2 45分 李忠成(浦和)

▼アビスパ福岡 1-1 ベガルタ仙台
得点
0-1 36分 ウイルソン(仙台)
1-1 57分 坂田大輔

▼横浜F・マリノス 0-0 名古屋グランパス

▼湘南ベルマーレ 2-3 川崎フロンターレ
得点
0-1 32分 車屋紳太郎(川崎)
0-2 48分 大久保嘉人(川崎)
0-3 60分 小林悠(川崎)
1-3 63分 大竹洋平(湘南)
2-3 90分 アンドレ・バイア(湘南)

▼アルビレックス新潟 0-1 FC東京
得点
0-1 48分 東慶悟(FC東京)

▼ジュビロ磐田 1-2 柏レイソル
得点
1-0 23分 ジェイ(磐田)
1-1 58分 栗澤僚一(柏)
1-2 ディエゴ・オリヴェイラ

▼ガンバ大阪 1-0 サンフレッチェ広島
得点
1-0 52分 阿部浩之(大阪)

▼ヴィッセル神戸 1-0 大宮アルディージャ
得点
1-0 55分 高橋峻希(神戸)

▼サガン鳥栖 1-0 鹿島アントラーズ
得点
1-0 20分 豊田陽平(鳥栖)

■J1 2nd第6節順位表(カッコ内の順位は年間順位)
1位 川崎(1位)(勝ち点16/得失点差9)
2位 浦和(2位)(勝ち点16/得失点7)
3位 鳥栖(9位)(勝ち点14/得失点5)
4位 柏(5位)(勝ち点13/得失点2)
5位 横浜FM(7位)(勝ち点12/得失点7)
6位 G大阪(6位)(勝ち点11/得失点4)
7位 神戸(10位)(勝ち点10/得失点3)
8位 広島(4位)(勝ち点8/得失点2)
9位 鹿島(3位)(勝ち点7/得失点1)
10位 仙台(11位)(勝ち点7/得失点-4)
11位 大宮(8位)(勝ち点6/得失点-1)
12位 FC東京(12位)(勝ち点6/得失点-2)
13位 甲府(15位)(勝ち点5/得失点-4)
13位 福岡(18位)(勝ち点5/得失点-4)
15位 磐田(13位)(勝ち点4/得失点-4)
16位 新潟(14位)(勝ち点3/得失点-4)
17位 湘南(17位)(勝ち点3/得失点-8)
18位 名古屋(16位)(勝ち点2/得失点-9)

■J1 2nd第7節対戦カード(8月6日)
鹿島 vs 仙台
浦和 vs 湘南
大宮 vs 福岡
柏 vs 横浜FM
FC東京 vs 磐田
川崎 vs 甲府
新潟 vs 神戸
G大阪 vs 鳥栖
広島 vs 名古屋

SOCCER KING

最終更新:7月30日(土)23時26分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。