ここから本文です

酒井宏のマルセイユがバチュアイの後釜獲得 スウォンジーからゴミス加入

ゲキサカ 7月30日(土)14時19分配信

 日本代表DF酒井宏樹が加入したマルセイユは29日、スウォンジーからFWバフェティンビ・ゴミス(30)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

 ゴミスは2年ぶりのフランスリーグ復帰となった。14年6月にスウォンジーに加入したゴミスは、在籍2シーズンで公式戦71試合に出場し、17ゴールを記録した。今季はチェルシーに移籍したベルギー代表MFミヒー・バチュアイの後釜としてプレーすることになる。

最終更新:7月30日(土)14時19分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]