ここから本文です

阿部のミドル弾で広島撃破!G大阪が4試合ぶり白星

ゲキサカ 7月30日(土)21時26分配信

[7.30 J1第2ステージ第6節 G大阪1-0広島 吹田S]

 ガンバ大阪はホームでサンフレッチェ広島に1-0で競り勝ち、4試合ぶりの白星を飾った。後半7分にMF阿部浩之が決勝点。「第2ステージ優勝するためにも絶対に負けられない試合だった」という大一番で勝ち点3をもぎ取った。

 広島は前半2分、MFミキッチのアーリークロスをFWピーター・ウタカが胸で落とし、MF宮吉拓実が右足ボレーで合わせたが、惜しくもクロスバーを直撃。同18分にはMF柴崎晃誠がドリブルで持ち上がり、左サイドに展開すると、MF柏好文のクロスにウタカが頭で合わせたが、GKの正面を突いた。

 G大阪も前半36分、MF遠藤保仁の右FKからセカンドボールを阿部が左足ミドルで狙ったが、こちらもクロスバーを叩いた。それでもスコアレスで折り返した後半7分、中盤のこぼれ球に反応した阿部が振り向きざまに右足一閃。豪快なミドルシュートをゴール右へ叩き込み、貴重な先制点となった。

 阿部は試合後のヒーローインタビューで「シュートは常に狙っているけど、最近、決め切れていなかったので、決め切れてよかった」と、第1ステージ最終節以来となる6試合ぶり今季3得点目に安堵の表情。「前半に惜しいシュートも打っていたので、自信を持って打った」と、前半のクロスバー直撃弾からしっかり微調整した。

 広島は後半40分、途中出場のFWアンデルソン・ロペスがミドルシュートを打ったが、ゴール上へ。今月10日に獲得が発表されたばかりの22歳のブラジル人FWもJデビューを果たしたが、0-1の零封負けで4試合ぶりの黒星を喫した。

最終更新:7月30日(土)21時31分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]