ここから本文です

杉浦がGHC奪回 マイバッハが覆面姿に戻って挑戦名乗り

デイリースポーツ 7月31日(日)0時0分配信

 「プロレス・ノア」(30日、後楽園ホール)

 GHCヘビー級選手権が行われ、鈴木軍の挑戦者・杉浦貴が王者・潮崎豪を下し、3度目の王座に就いた。

 試合はGHC戦史上初の、選手が場外に転落すればセコンドが速やかにリング内に戻すランバージャック戦で行われたが、鈴木軍はルールを無視して集団暴行を繰り返し、ノア陣営のセコンドもやむを得ず応戦するなど大混乱。杉浦は、非道の仕打ちに耐えながら気迫むき出しでチョップ、豪腕ラリアットなどを繰り出す潮崎との激しい打撃戦に打ち勝ち、最後は五輪予選スラムでトドメを刺した。

 試合後、鈴木軍は毎度のごとく暴れ回ってノア陣営を追い出し、リングを占拠。総帥の鈴木みのるが「正々堂々と1対1の戦いでチャンピオンになった」と憎まれ口をたたき、「こんな大事な時に丸藤(正道)、中嶋(勝彦)、よそなんか出ている場合じゃねえんだ。私利私欲に走った丸藤、中嶋なんてオレたちの敵でも何でもねえ。もう帰ってこなくていい」と、ノアのシリーズを欠場して新日本のG1クライマックスに参戦している2人を批判した。

 だが、そこに、かつてのマスクマン姿に戻ったマイバッハ谷口が現れ、愛用していた刺股を手に、リング上の鈴木軍を排除。さらにテーブルを持ち出して杉浦をその上に乗せ、マイバッハプレスを放ってテーブルを破壊する豪快なデモンストレーションを披露し、「杉浦、次はオレだ!!」と、次期挑戦者に名乗りを上げた。

 また、日テレG+杯争奪タッグリーグ戦の優勝決定戦も行われ、石森太二、ACH組が小峠篤志、原田大輔組を下して初優勝。優勝賞金300万円を手にし、小峠、原田組が持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座への挑戦をアピールした。

最終更新:7月31日(日)0時18分

デイリースポーツ