ここから本文です

【レベルス】野辺広大、町田光に勝って「日本を制す」

イーファイト 7月31日(日)7時10分配信

 8月7日(日)東京・大田区総合体育館で開催される『REBELS.45』のセミファイナルで、REBELS 60kg級王者・町田光(橋本道場)と対戦するRISEスーパーフェザー級王者・野辺広大(1-siam gym)が、7月30日(土)都内で公開練習を行った。

【フォト】得意の蹴りをミットに蹴り込む野辺

 野辺はシャドーボクシングとミット打ちを披露し、得意の蹴り技を繰り出す。ミドルキックから即ヒザ蹴りを出すコンビネーションなどを見せた。

「調子はバッチリです。町田選手の試合映像も見てやることはやってきた。試合まであと1週間で仕上げます。町田選手は気持ちの強い選手なので接戦になると思いますが、気持ちでねじ伏せたい」と意気込みを語る。

 かねてから町田との対戦を望んでいたという野辺。その理由は「60kgで名前があって強い、日本人のトップクラスだと思っていたので、勝って日本の60kgを制したい」からだと言う。

 町田の代名詞である居合いパンチ(居合い抜きの動作を取り入れたパンチの打ち方)については、「僕も居合いパンチをやり返したいと言ったら、吉本(光志=トレーナー)さんに怒られました(笑)。対策はバッチリしています」と言い、そのほかの町田が得意としているオリジナル必殺技についても「相手に合わせる必要は無いし、警戒もしていない」と余裕の表情。

 7試合連続で判定勝ちが続いていることについては、「シャドーにしても倒しきることをイメージしてやってきました。それが出れば結果につながると思う」と、倒すための練習を積んできたという。

 試合4日前には大学のテストがあるというハードスケジュールだが、試合にもテストにも勝つと野辺は誓った。

最終更新:7月31日(日)7時10分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]