ここから本文です

高杉真宙が金髪ヤンキーに!亀梨和也×土屋太鳳「PとJK」劇中カット

映画.com 7月31日(日)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 亀梨和也と土屋太鳳が初共演する恋愛映画「PとJK」の劇中写真が、このほどお披露目された。「仮面ライダー鎧武(ガイム)」で知られる若手注目俳優・高杉真宙が、金髪の不良・大神平助に扮した姿を見ることができる。

 累計発行部数2010万部を誇る三次マキ氏の同名コミックを、「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」などの廣木隆一監督が実写化。超イケメン警察官・功太(亀梨)と、恋愛初心者の高校1年生・カコ(土屋)という、年の差カップルのピュアな恋愛模様を描き出す。

 高杉演じる大神は、カコの同級生で“札付きの不良”のレッテルを貼られているが、実際は優しい心を持つという役どころ。原作でも人気が高いキャラクターのイメージに近づくため、約3時間かけて地毛を金色に染め上げ撮影に臨んだ。「出来るだけ原作の髪型に近づけたいと思っていたので、金髪にしてやや根元に黒髪を残し、サイドをツーブロックにしています」と説明し、「金髪は『渇き。』以来で、人生で2回目。ただツーブロックは初めて。最初はすごく違和感があって見慣れないなと思っていましたが(笑)、今は違和感がなくなり、たまに金髪だって忘れてしまうほどです」と話している。

 さらに、ある事件でカコにケガをさせたことへの後悔や、功太とのライバル心と友情など、複雑な感情表現にも挑戦。漫画好きだという高杉は、作中では大神が一番のお気に入りだそうで、「根が悪いわけではなく、母親思いで優しくて不器用な子だと思います」「自分がその役を演じられるということが本当に嬉しい」と喜びのコメントを寄せた。原作者の三次氏からは、「完璧に大神になっている!」と太鼓判を押されている。

 撮影は6月15日~7月17日に北海道・函館で行われ、高杉はその期間に20歳の誕生日を迎えた。「大好きな作品で10代最後の演技が出来て、また20代最初の演技もこの作品で出来たこと、僕にとっても記念すべき作品になりました」と万感の思いを語った。

 「PとJK」は玉城ティナ、西畑大吾、大政絢、村上淳、ともさかりえ、田口トモロヲらが共演。2017年春に全国公開される。

最終更新:7月31日(日)6時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。