ここから本文です

THE ALFEE 楽器も持たずに、歌って踊る、お祭り騒ぎの夏のイベントを開催

エキサイトミュージック 7/31(日) 4:45配信

THE ALFEEが7月30日(土)、横浜アリーナにて、足かけ35年、30回目の夏のイベント『30th Summer! Best Hit Alfee 2016 夏フェス!』を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1982年、所沢航空記念公園で初の夏の野外イベント『ROCK'N' ROLL FIGHTING NIGHT 悲しみをぶっとばせ!!』を開催し、この年から春と秋のコンサートツアーとは別で夏のイベントを2006年の横浜赤レンガパーク特設会場で行った『YOKOHAMA STARSHIP』まで毎年開催していた。そして2006年の『YOKOHAMA STARSHIP』で夏のイベントも25回を迎えたので、夏のイベントに一度区切りをつけたのだ。3年後、夏のイベントを復活をさせ、今年の夏のイベントで足かけ35年で30回目の開催となる。

ライブは約12,000人の観客の熱狂に包まれた状態でスタート。緞帳が下がり、ステージ中央約7mの高さに浮かぶ円形のステージの上に立つ3人が、ゆっくりと登場。まるでUFOからの降りてきたような登場に歓声が上がった。

いつも注目の集まる高見沢の本日の衣装は、彼のオリジナルエンジェルギターが6本もプリントされたもの。ギター好きがとうとうギターを衣装にしてしまったようだ。衣装に合わせて、エンジェルギターでパフォーマンスする高見沢は、計7本のギターを身に着けてパフォーマンス! 高見沢らしい派手な衣装がステージに映えた。

コンサートツアーを42年続けるTHE ALFEEそのもの「トラベリング・バンド」、ヒット曲「サファイアの瞳」「STAR SHIP-光を求めて-」を立て続けに披露。

MCでは高見沢が「僕たちTHE ALFEEは夏にデビューしているのに、全然夏の感じがないよね」と毎年夏のイベントを行ってきたとは思えないような話になったかと思えば、今一番の話題、「都知事選」にまで及んだ。坂崎に「都知事選に行った?」と聞かれた桜井は「今日と明日ここにいるんだから無理だろ」と失笑を誘い、高見沢は「俺は行ったよ。期日前投票! ちゃんと税金を使ってくれる人に入れたいよね。私物は買ってほしくないね」。「坂崎は?」と坂崎に戻し、「今日と明日が大事なコンサートだから……」と桜井と同じオチをつけ、桜井と険悪なムードに……。そしてTHE ALFEEのファンにはお馴染みになってきた、ダチョウ倶楽部の「ともだちできた~」で仲直りをした。

なお、ステージでは都知事選に行っていないと話していた桜井と坂崎も、ちゃんと期日前投票に行っているのでTHE ALFEEは3人揃って投票済みということも関係者から確認ができた。

そして41年前にリリースしたTHE ALFEEの1stアルバム『青春の記憶』から「白いハイウェイ」を約40年振りにコンサートで披露。デビュー当時の曲からデビュー42年でリリースした通算65作目の最新シングル「今日のつづきが未来になる」まで、幅の広いTHE ALFEEらしい内容に観客も楽しんだ。

アンコールでは、THE ALFEEのメンバーが還暦を迎えてから、度々ステージに登場する『ザ・カンレキーズ』が登場。『BEAT BOYS』の「HEAT BREAK LONELY RAIN」を楽器を持たないTHE ALFEE扮する『ザ・カンレキーズ』がダンスとともに披露。楽器を一切持たない、踊るTHE ALFEEの3人はかなりレアだ。コンサート会場は、歓声と笑いに包まれた。

そして、彼らの代表曲「SWEAT&TEARS」は2016年今年に入ってコンサートでパフォーマンスするのは、今日7月30日のパフォーマンスがちょうど30回目。この曲の前に高見沢も「TOKYO BAY-AREAから30年! 今日は7月30日!! 30だらけの今日! 今年30回目の『SWEAT&TEARS』!!!」と叫び、観客と一体となった「SWEAT&TEARS」を披露した。

THE ALFEEは明日7月31日(日)も横浜アリーナにてライブを実施。10月6日(木)からは秋のツアー『THE ALFEE Best Hit Alfee 2016 秋フェス』をスタートさせる。

≪ライブ情報≫
【THE ALFEE Best Hit Alfee 2016秋フェス】
2016年10月6日(木)サンシティ越谷市民ホール       
2016年10月9日(日)桐生市市民文化会館シルクホール
2016年10月12日(水)府中の森芸術劇場どりーむホール
2016年10月15日(土)高周波文化ホール(新湊中央文化会館)
2016年10月16日(日)上越文化会館
2016年10月22日(土)広島上野学園ホール
2016年10月23日(日)島根県芸術文化センター グラントワ
2016年10月27日(木)相模女子大学グリーンホール
2016年10月29日(土)東京国際フォーラム・ホールA
2016年11月5日(土)びわ湖ホール
2016年11月6日(日)神戸国際会館・こくさいホール
2016年11月10日(木)市川市文化会館
2016年11月13日(日)福井フェニックスプラザ
2016年11月19日(土)福岡市民会館
2016年11月20日 (日)iichikoグランシアタ
2016年11月24日(木)大宮ソニックシティ
2016年11月27日(日)静岡市民文化会館
2016年11月30日(水)神奈川県民ホール
2016年12月4日(日)栃木県総合文化センター メインホール
2016年12月10日(土)名古屋国際会議場センチュリーホール
2016年12月1日(日)名古屋国際会議場センチュリーホール
2016年12月17日(土)仙台サンプラザホール

【THE ALFEE Best Hit Alfee Final 2016冬フェス】
2016年12月23日(金・祝)日本武道館
2016年2月24日(土)日本武道館
2016年12月29日(木)大阪城ホール

【高見沢俊彦ソロライブ2016『真夏の夜の夢:Takamiy 3Days』】
会場:ビルボードライブ東京
2016年8月17日(水)「Night of Noir」
2016年8月18日(木)「Night of Rouge」
2016年8月19日(金)「Night of Blanche」

最終更新:8/1(月) 15:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]