ここから本文です

『ポケモンGO』アップデートで一部機能に変更…「あしあと機能」の削除やアバター変更など

インサイド 7月31日(日)14時24分配信

NianticはiOS/Android『ポケモンGO』の最新アップデートを配信しました。

【関連画像】

『ポケモンGO』は現実世界を舞台にポケモンの捕獲などを楽しめるiOS/Android向けアプリ。配信より日本を含む世界各地にて大流行しています。

今回、配信されたアップデートは、マップ表示の不具合や、トレーナー/ポケモン詳細画面でのUI変更、一部わざのダメージなどに変更を加えるものです。また、アップデート文言に記載されていないものの、起動時に歩きスマホや不法侵入に対する注意分が出るようになり、iOS版においてはバッテリーセーバー機能の削除も確認できます。

ストアに記載されたアップデート内容は以下のとおり。

『ポケモンGO』version 0.31.0更新内容
・トレーナーアバターがプロフィール画面から再編集可能になりました
・一部の技のダメージを調整しました
・ジムのアニメーションを一部調整しました
・メモリー問題を改善しました
・近くのポケモンから足あとを削除しました
・エンカウント中のバグを修正しました
・ポケモンの詳細画面を更新しました
・メダルの画像を更新しました
・マップの表示の不具合を修正しました
・一部テキストの修正しました

起動時に出る注意書き

「近くにいるポケモン」から足跡が削除。メダルもアイコンが変更に

トレーナー画面、ポケモン画面右下にサブメニューが追加。トレーナーは性別含むアバターを変更可能に。ポケモンはサブメニューから博士に送れるように。また、お気に入りにしておくと博士に送ることができなくなった。

「バッテリーセーバー」機能が削除(iOS版のみ)

なお、アップデート後に起動すると、進行状況が初期化され初めからになってしまう現象が確認されています(筆者も発生しました)。これは複数のGoogleアカウントを持ち、かつ『ポケモンGO』へのログインにGoogleアカウントを使用しているユーザーに起きている現象の模様。初めからになってしまうのは普段『ポケモンGO』で使用しているのとは別のアカウントが使われているためのようで、発生した場合は一度チュートリアルまで終わらせた後、設定画面からサインアウト。正しいアカウントで再度ログインすることで進行状況が元に戻ります。

最終更新:7月31日(日)14時24分

インサイド