ここから本文です

【NFL】WRホプキンス、新契約求めてホールドアウト

NFL JAPAN 7月31日(日)13時15分配信

 現地30日、ヒューストン・テキサンズのエースワイドレシーバー(WR)デアンドレ・ホプキンスが現行の契約に不満を示し、トレーニングキャンプをホールドアウトする姿勢を示した。

 これは『ESPN』やNFLメディアのイアン・ラポポート氏らが報じたもの。ホプキンスはトレーニングキャンプを欠席すると1日につき4万ドル(約400万円)の罰金が科される可能性がある。

 テキサンズはホプキンスをリザーブ/欠席リストに登録。リック・スミスGMは声明で「デアンドレがトレーニングキャンプに合流しないという選択をしたことを残念に思う。契約に関しては彼と代理人に我々の方針を伝えてある。我々は2016年シーズンに集中している」と、新契約の交渉には応じない意向であるとした。

 24歳のホプキンスはルーキー契約が残り2年となっており、今季の基本給はたった100万ドル(約1億円)。プロ3年目だった昨季はクォーターバック(QB)が不安定な状況にも関わらず、レシーブ111回、1,521ヤード、11TDといずれもキャリアハイの成績をマークした。先週には「自分の価値」に見合った額を希望していると心境を明かしている。

<ヒューストン・テキサンズ>

最終更新:7月31日(日)13時15分

NFL JAPAN