ここから本文です

全国高文祭、広島で開幕 小禄高吹奏楽部がパレード参加

沖縄タイムス 7月31日(日)5時4分配信

 【広島県で鈴木実】文化部系の高校生の祭典、第40回全国高校総合文化祭(全国高文祭)広島大会が30日、開幕した。「創造の風 希望の光 平和を願う心 三本の矢に込めて」をテーマに、約2万人の高校生が日頃の文化・芸術活動の成果を披露し、交流を深める。沖縄からは17部門に29校約340人が参加する。
 高文祭は文化庁、全国高校文化連盟などの主催。広島平和記念公園周辺を練り歩く初日のパレードでは、総勢2千人以上の高校生がマーチングバンドやバトントワリングで盛り上げた。
 小禄高吹奏楽部の79人も参加し、ザ・ブームの「風になりたい」を披露。軽快な音楽とダンスに、沿道からは盛んに拍手が送られ、一緒に口ずさむ人もいた。
 部長の晄(ひかり)美鈴さん(18)は「若々しさとエネルギーが伝われば。沿道の人たちも楽しんでくれたようなのでうれしい」と、額に汗を浮かべながら笑った。

最終更新:7月31日(日)5時4分

沖縄タイムス