ここから本文です

文字通りじゃないか! ソフトバンクの社名由来が直球すぎた

ITmedia PC USER 7月31日(日)6時10分配信

 なぜその名前がついたのか、ITニャンコ隊がブランド名や社名の由来を調べて紹介する“由来探訪記”。

【ソフトバンクの社名の秘密】

 今回はソフトバンクの社名にどのような由来があるのか、紹介したいと思います。

 ソフトバンクグループの創業者として知られている、孫正義氏。孫氏はパーソナルコンピューターのソフトウェア流通事業会社としてスタートし、「日本ソフトバンク」を設立しました。

 「ソフトバンク」という名前は、文字通り「ソフトウェアの銀行」からきています。情報化社会のインフラストラクチャ(社会的な基盤)の役割を担う存在になる、という大きな決意を込めて、直球に「バンク」という言葉を使ったそうです。

 次回もブランド名や社名の由来を紹介するので、お楽しみに!

最終更新:7月31日(日)6時10分

ITmedia PC USER