ここから本文です

ロケ地が全焼 「特攻野郎Aチーム」など

シネマトゥデイ 7月31日(日)7時0分配信

 米カリフォルニア州南部の山あいで7月22日(現地時間)に発生した山火事が24日、ロサンゼルス郊外のサンタ・クラリタにある映画とテレビのロケ地セーブル・ランチを全焼させたとDeadlineなどが報じた。

【写真】『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』ギャラリー

 セーブル・ランチにはスペイン風のハシエンダ(大農園主の館)や家畜小屋、雰囲気のある建物が多く建っており、チェヴィー・チェイスの1992年の映画『透明人間』や、カルトホラー『地獄のモーテル』などの撮影が行われた場所として知られる。テレビドラマでは、「特攻野郎Aチーム」「24 TWENTY FOUR」などのロケ地として使われたという。

 ロサンゼルス消防署によると、この場所の西にあるディズニー所有のゴールデン・オーク・ランチは無事とのこと。こちらのランチは、『黄色い老犬』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』「MAD MEN マッドメン」などの撮影が行われた場所だそうだ。(澤田理沙)

最終更新:7月31日(日)7時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。