ここから本文です

正恩氏側近の北京入り「大きな意味ない」=韓国外相

聯合ニュース 7月31日(日)10時26分配信

【ローマ聯合ニュース】イタリアを訪問している韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は31日(日本時間)、北朝鮮の崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長が中国に滞在していることについて、大きな意味はないとの見解を示した。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の側近として知られる崔氏は30日、リオデジャネイロ五輪の開会式に出席するため、経由地の中国・北京に入った。

 尹長官は「(崔氏の)今回の北京訪問はブラジルに向かうために単純に経由する側面が大きいとみられる。最近、ラオスで中朝外相会談を行っており、(今回の訪問に)特別な意味を持たせる必要はない」と述べた。

 崔氏の訪中は、南シナ海問題や米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備などで北東アジアの情勢が急変する中で行われたもので、中朝高官会談開催の行方などに注目が集まる。

最終更新:7月31日(日)11時5分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。