ここから本文です

バレー男子西原、逆転で決勝トーナメント進出 高校総体

沖縄タイムス 7月31日(日)5時2分配信

 【中国総体取材班】全国高校総合体育大会「2016情熱疾走 中国総体」第3日の30日、県勢は8競技に出場した。
 バレーボール男子の予選で、西原は接戦の末、2-1で岡山東商を下し、決勝トーナメントに進出。31日の1回戦で福井工大福井と対戦する。柔道男子団体の沖縄尚学は3回戦で白☆(區の右に鳥)大足利(栃木)に敗れ、8強入りを逃した。ソフトボール女子のコザは4-5で笠田(和歌山)に惜敗した。
 ボクシングは各階級の2回戦を行い、ライトフライ級の前田崚雅(宜野湾)バンタム級の大湾硫斗(美来工科)ライト級の玉城康平(沖縄水産)が3回戦に進んだ。女子400メートル障害予選は、那覇西の大城有利加、中村向日葵、外間亜喜が出場したが、いずれも予選落ちした。
 第4日の31日、県勢はバスケットボールや空手道など9競技に出場する。

最終更新:7月31日(日)5時2分

沖縄タイムス