ここから本文です

いったい誰?「BONES」最終シーズンで2人死す…

シネマトゥデイ 7月31日(日)8時10分配信

 第12シーズンでフィナーレを迎えることが発表されている米テレビドラマ「BONES」が、サンディエゴのコミコン・インターナショナルで最終シーズンに何が起こるかを少しだけ発表した。

 エグゼクティブプロデューサーのジョナサン・コリアーとマイケル・ピーターソンによると、12エピソードに短縮される最終シーズンはアクション満載になるそう。過去のシーズンに登場したキャラクター2名が死亡するらしいが、TV Line などによると、コミコンで登壇したレギュラー陣ではないというから、一安心だ。

 また、ザック・アディー役のエリック・ミレガンが複数エピソードに再登場するほか、結婚式、潜入捜査などもあり、盛りだくさんになるとのこと。シリーズを通して何度も出てきた“447”の数字が持つ意味も明かされるという。

 第11シーズンの最終エピソードはブース役のデヴィッド・ボレアナズが監督したが、第12シーズンの第1エピソードはブレナン役のエミリー・デシャネルがメガホンを取り、監督デビューを果たす。(澤田理沙)

最終更新:7月31日(日)8時10分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。